Clariphonic DSP mkIIのレビュー

今回は私の激押しプラグインの1つ、KUSH AUDIOの「Clariphonic DSP mkII」のレビューです。

先日Twitterで、更新滞ってるからサウンドサンプル無しのレビューも投稿するねって言ったばかりだけど、なんやかんやサンプル作りました。言葉で言うより聴いてもらった方が早いな~と思ったので。多分言葉も音ありきで見た方が説得力あるかな~って事で。

では先ず最初にサウンドサンプルをチェックしてみてください↓

最初にドライ、少し感覚を開けてClariphonicを通したサンプルとなります。ブースト方向のエフェクトなので、ドライの方は1.2db程ボリュームを大きくして、聴感上どちらも同じくらいの音量に聴こえる様に調整しています。

どうでしょ。改めて聴くと、元々ハイ上がりなサンプルでやるかねぇ?って思ったりもしましたけど、、まあさておき、、中高域を中心にグッと前に出てきた感じと、あと全体については定位感が若干クッキリした感じしませんかね?
SOUNDCLOUDの波形みた感じだとドライの方がデカいけど、聴感上はWETの方がデカく感じるみたくなってるかと思います。
こういうのが得意なプラグインというか、実は低域のコントロールは無く、中~高域のみでブーストしかできないという特殊な造りとなってます。メーカーページにPARALLEL MASTERING EQって書いてるから、ちょっとその名前から想像するものとは到底違う様にも思いますが…。

なので元々ハイ上がりな音源にはオススメできないんですが、少々曇ってて音の分離があんま良くない様な素材には効果覿面なのです。

今回用意したサンプルの変化について説明すると、中高域がグッと前に出てきているのはClariphonic独特のエンハンス効果、定位感についてはM/Sモードでそれぞれ違う弄り方をしてるので、センターとサイドでクッキリ感が増してるって感じですね。

実際どんなシチュエーションで使えるかってとこですが、やはりこの独特の前に出るエンハンス効果を活用するというのがポイントですね。

例えば歌なんかで高域の抜け感とか煌びやかさまでをEQに依存して作るやり方ももちろんありなんですが、あえてそこまで作り込まずにClariphonicを通したりしてますね。NoveltechのVocal Enhancerなんかも倍音付加して抜け感が出る似た様な傾向のプラグインですが、素材によってはClariphonicの方が好結果となったり、併用する事でより良いというケースもありました。

マスタリングでもこの抜け感の付加は唯一無二のものがあり、私はとりあえず通してみる感じになってます。個人的な話ですが、同じく謎技術で音の分離が良くなる系のSPLのTubeVitalizerもマスタリング時にClariphonicと併用するんですが、2MIXに対してかけた時の音の変化が単品にかけた時より面白いので、以前よりMIXの段階で無理にギラギラさせようとしなくなってきましたね、、最終段で弄るのが楽しくなってしまって。

あとはやはり特筆すべきはM/S処理ですね。中高域のエンハンスは音のエッジを際立たせる事に繋がるわけですが、これをM/Sでやる事によって、分離が良くなる印象があります。音が色々ある様な状態ではM/S無しで全体にってやる事が多いですが、主な音像構成がサイドにギターでセンターにベースとボーカルみたいな場合は、M/Sでやると非常に良い具合になりやすいと実感してます。私は割と脳筋ロッカーなのでこの様な音像が多く、愛用しているとゆーわけです。

そんなわけで、ちょっと変わったGUIと効果で取っつき難い感があるプラグインですが、紹介してみました。少しでもデモってみるハードルが下がってくれたらいいな~と思ってます。それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です