1176の比較

多忙とはいえ前回からだいぶ時間を空けてしまいました、、とゆーわけで、今回は久々に相応しくそこそこ頑張った企画をお届けします。

みんな大好き1176の比較です。

歌録りん時の掛け録りの定番コンプって事で、歌を録るって事自体がすごくやる人増えてるって背景もあって、注目度が高まっている感がある機材ですね。

以下の順番でエントリーしております。
1.Dry
2.1176RevA(UAD)
3.1176AE(UAD)
4.1176LNRevE(UAD)
5.Comp76(OverLoud)
6.CLA-76Blue(WAVES)
7.CLA-76Black(WAVES)
8.1176LN(UniversalAudio) ※ハード
9.DRAGON(SlateProAudio) ※ハード
10.MIMAS(WesAudio) ※ハード

この後サウンドクラウドにアップしたサンプルをアップしてるので、是非聴き比べてみてください。

先ず最初に歌素材の方を。セッティングは以下の通り。最初は実際に使うセッティングと思ったんだけど、かかってる感が乏しいので、ちょっと大袈裟な設定にしてます。勿論全機同じセッティングにしています。
ハードは多少ノイズが載るので、ノイズゲートを後段に挟んでます。

リンクはこのページの下部にあるので、聴いてみてください。
さて、これブラインドでわかりますかね?このソースに関して言うと、私は聴き分けつかないです。そういう意味ではこの様な歌のソースについては実用レベルでナチュラルコンプレッション用途なら、プラグインでも充分なのでは?と思います。
ただ、倍音成分が違うので、オケに混ぜたり全体でコンプレッションした時に雰囲気が変わってくるってのはあるけどね。

歌にかけるって観点で注目されてるので、今回はこれだけだと思ってたんだけど、並べてみて対して変わらなくてつまんねーなと思って、ドラム素材も用意しました。セッティングは以下の通り。

こっちは結構わかりやすいかと思いますんで、こっちで所感を述べますね。
UAD3種は実機LNに比べてどれも派手目。ビンテージの1176ってこんななの?まあ実機LNでもうちょい突っ込むとこんな感じなるので、評判通りリアルって事になんのかな、と。ハード特有のもちっとした立体感は出てると思います。プラグインなので実機と違ってノイズが無い分扱いやすいし、ステレオにも挿せるしで良い事づくめ。まあそれは他のプラグインも一緒だけど。あとUADの場合はDSP使うからCPU負荷かからんのも魅力。

OverLoudのComp76は掛かりが悪いと悪評を聴いてましたけど、確かに他のプラグインに比べると全然掛かった感が薄いけど、でもこうやって並べてみると実機LNにそっくり。若干実機より更に大人しいかもだけど、結構実機っぽい立体感もあるし、全然悪いと思いません。百聞は一見にしかずですね。因みにComp76はパラレルコンプレッションもできるので、私は使えると思います。

WAVESのCLA。コンプの掛かり具合はUADより控え目で実機LNに比べると派手。あと、このプラグイン自体が結構古いってのもあるかもだけど、これは噂に違わぬというか、平面的な掛かり方に感じます。以前AcusticaAudioのAquamarineと比べるというアホな企画をやって、平面的だとコメントしたけど、まああの時は相手が悪いよねと思ってました。しかし今回1176系だけで集めてみてもやはりその傾向は出てるなと感じました。まあ逆に言えば、音を後ろにやりたい時とかは平面的にしたいので、そういう時は他よりも使えるかなと思います。

実機LN、Comp76以外のプラグインに比べると控え目だけど、もちっとしててトランジェントも綺麗。さすがかなと思います。でもやっぱ費用対効果で考えると圧倒的にプラグインだね。ノイズ載るし1チャンネルだし挿せるの1機だし。

DRAGONはプラグインで有名なSLATEおじさんとこのハードです。コンプレッションの印象は実機LNとほぼ変わらず。さすがクローンハード。トランスのせいか、混ぜた時にこっちの方が音がしっかり聴こえる(浮きやすい)傾向にあると思う。因みにこいつはハイパスフィルターとVINTAGEっぽくするスイッチ、高域,中域,低域の強調スイッチ、サチュレーター、パラレルコンプレッションまでできる、やたら多機能。値段は実機LNよりちょっと高いくらいなので、こっちの方が個人的にはオススメです。

MIMAS、実機LNに比べてちょこっと強めにかかるかもだけど、かなり忠実なクローンハード。API500のシャーシ持ってるんなら迷わずこっちをオススメします。再現度がとても高いのと、フロントパネルにUSB付いてて、PCと繋げるとプラグインとして呼び出せる。ハードなのにプロジェクト開いたら設定をリコールできちゃうのは超絶便利です。

まとめると、先ず今回は同じ設定でやってるって前提があるので、そこをお忘れ無く。当然掛かり具合とかはソースによってその時調節すればいいので。コンプレッサーとしての掛かり具合は、どれもケースに合った設定をすれば良い具合になるかと思います。なのでコンプ要素って事であれば、どれを選んでもよいのでは?と思います。

費用対効果と機能性でオススメを挙げるとすれば、プラグインならComp76、ハードならMIMASかな。

Comp76は前述の通り、実機LNぽいです。この後他のソースも幾つか試しましたけど、再現度高いです。割高な単品販売と頭数の少ないバンドルに入っているので値段は高めな印象だけど、今回紹介のプラグインの中では最後発だけあって、負荷も軽いので結構気軽に挿せるし、パラレルできるし。

MIMASは価格が先ず安い。高くない物ならAPI500のシャーシと合わせても実機LNやDRAGONの価格よりも安い。API500シリーズは結構魅力的な機材出てて且つ省スペースなので、ハード購入の入口としてもいいんじゃないかなと思うってのもあって、オススメです。

音に関しては、論より証拠って事で、聴いてみてください。

歌素材

ドラム素材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です