ボーカルトラックよもやま話

レコーディング~ミックスまでの作業において、ボーカルトラックにかける時間はやはり長い。そんななか、まあ色々思う事もあるので、そんなのをちょこっとアウトプットしようと思う。

作業は色々ですが、ボーカルさんによってはこちらで各箇所のベストテイクを判断して繋ぎ合わせてメイントラックを構築するって作業もやります。OK基準は当然曲想によって様々。無機質でクールな物を基準とする時もあれば、暑苦しい感じの物を基準とする事もある。

上記は所謂継ぎ接ぎ作業なんだけど、それってほぼほぼみんなやってる事なんだけど、あんまカッコいい事じゃないって認識のされかたをしている様で、大っぴらに継ぎ接ぎ頑張りましたという人は居ない。でもごく自然な事だと思うんだよね。

こういう風にって理想像を皆さん持っていて、それを目指して歌うとして、中には結果的に超えるテイクが出る事もあるだろうし、全く期待外れなテイクが出る事もあるでしょ。それを継ぎ接ぎして理想に近づけていくイメージかな。
居たらごめんだけど、思った通りに100%歌える人ってまあおよそ居ないんだろうし、そのボーカリストの各箇所ベストな物をとなれば、継ぎ接ぎ以外に方法って無いんだと思う。歌唱技術とかも含めて、そのボーカリストの等身大が知りたいみたいな事なら、一発録りとかライブ録音って事になるんだろうけどね。まあ最近流行の自撮り加工ソフトじゃないけど、見せたい自分って必ずしもリアルとは限らないと思うんで、私はこの類の加工は肯定派です。

話は少し変わって、OKジャッジを他人が出してる事についてなんだけど、これもちょっと面白いなと思っている。本人の理想像でなくて、他人の思い描いているボーカルさんの理想像みたいな物って事だからね。それで本当にいいのかな?と思う事もあるけど、まあその辺は気に食わなかったら言ってくれればいいかな。

ここ最近やってるのは、割と詞が熱い系統の物なので、一言で言ったら絶唱系テイクを基準に選んでます。情念ドバーみたいなテイクって、ずっと聴いてると正直疲れます。色んなニュアンス出されると特にね。まあめげずに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です