つまんないことを言います

DTMを始めて、作る事が楽しくなってくると、やっぱプロみたいな音出したいって思うよね。でもなかなかそれっぽくならない。そんな悩みをお持ちではないですか?
んで、その悩みの中身って、プロの方が音が1つ1つ立っている、ステレオ感が広い、音がごちゃついてない、奥行きがある、それでいて音圧がある、みたいな感じじゃないですか?

それに対する回答ってまあ人それぞれ色々だけど、大体こんな感じに収束してないかな。↓
アナログ機器とかアナログエミュのプラグイン使って倍音増やすと音が立ってきて定位感が定まるよ。イコライザーで他のパートとかぶってる音域を調整してマスキングを取り除いてやると音が分離してごちゃつきません。ステレオ感はWAVESとかBrainWorksのステレオイメージャーで広げられます。コンプとリバーブの使い方で奥行き感を演出。んで、これらが総じて巧くできていると、音圧も上がるよみたいな。
色んな本読んだし、色んなもん見てそれを参考に試行錯誤しました。あとまあかなり昔だけど現場に居た事もあるので、そこで吸収した事も総合して、上記で言われている事って合ってると思います。

合ってるんだけど、それを実践していった時に、確かに変わってきたけど追いついてきた感は無いよねって感じると思うんだよね。
変にクリティカルなもん出しちゃうとそれ以上TIPS売る様な事はやりにくくなるだろうし、ステルスマーケティングみたいなのもあるでしょう。
私はそういうの一切無いんで、つまんない事を言います。

とりあえず1万くらいのオーディオインターフェースを買って、始めたばかりですみたいな人は対象でないです。
始めて少し時間経ってきて、トータルで10万とか20万単位でDTMに金を使ってきた、もしくはこれから使うと思うって人が対象です。

どうせ金使うならプラグインみたく直接的に音を変化させる物に目がいきがちなのはわかりますが、騙されたと思ってこの3つをやってみて欲しい。
・ワードクロックを受けられるオーディオインターフェースを買う。
・それなりのスペックのマスタークロックジェネレーターを買って、オーディオインターフェースをスレーブにする。
・書き出しは内部バウンスでなく、アナログで出してマスターを作る。

これだけ。

これだけで先ず音空間が変わった事に気づくと思います。これを実践した上で更に上記のTIPSもやってみたりすると、ああこういう事かって実感できると思います。
同じ分だけ物を置くのに、狭い部屋に整理して置くのと広い部屋に整理して置くのとではだいぶ違うよね。イメージはそれに近いです。
整理整頓するなら、最初から広い部屋でやった方が効率良いし綺麗に片付いたと実感もでかいと思います。

手狭な音空間の中では、色々な努力や投資が結構不意になります。
ちょっとばかし本気でやろうと思っている人は、この3点を押えて、まともな位置のスタートラインに立ってもらえたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です