ボーカルトラックに命を吹き込みたくて

先日、1176現行機,クローン系を色々聴き比べできるとこに行ってきまして、とりあえず第一弾、購入しました。WesAudioの_MIMASというAPI500シリーズの1176クローン系コンプレッサーです。

これね、即買いだった理由が、アナログ機なのにUSBケーブル繋いでPCからコントロールできるところと、それでいて音はしっかりアナログなところ。割と目立つ感じでCarnhillトランスが鎮座してまして、これがやっぱでかいのかな。

今考えてるのは、掛け録り要員(実際には多分掛け録りしないけど)として前段に挿す用と、バランス取りのオートメーション書いた後、後段に挿す味付け用の2種。うちのボーカル処理の定番として使える物を最低2種調達しようかな、と。

そういう意味では、_MIMASは前段のイメージとして購入。音が変に汚れないし、無駄にコンプ感が主張してこない。それでいて音は立ってくれる。

今は主張強めの後段用の第二弾を検討中です。1176現行機がROCKONのセールですげぇ安かったの見つけた時は既に在庫切れで激しく狼狽。今んとこ手に入れやすい中だと最有力はSLATE PRO AUDIO のDRAGONかな。あれはかなり色んな音出せる。でも音が1176系ベースなのに1176っぽくないんだよね。出力に1073と同じ回路使ってます~って、何か良いとこ取りみたいなとこが、逆にとても引っかかってて手が出てない感じ。ウダウダしてる隙に状態の良いビンテージ1176とかに縁があれば、キャラ次第では即買いしちゃうだろね。それくらい迷ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です