機材の値段の根拠を考える

FMR AudioのRNC1773という、DTMER界隈では結構有名なコンプレッサーがある。
かつてノーマル版を所有していた事があり、確かに値段の割には使えるかなぁと思ってはいたが、うちでは結局のところ高い機材に立場を追われた経緯がある。

代理店の紹介には、「2000ドル以上の高価な機材にも匹敵する!」という声が上がったと書いてある。
因みにこの機材、日本円で3万円程度。普通に考えたら2000ドル、つまり20万以上に匹敵なんてするわけないと思うのが人情ってものだ。

でもこれのちょっと高い版(3万5千円くらい)を買い戻してもいいかなと思ってる。
それには理由があって、簡単に言ったら入出力に影響がある部分をハイグレードにモディファイしましたってやつなんだよね。

元々シグナルパスが超シンプルなので弄れるとこは限られてるんだけど、逆にその限られた部分を余さずアップグレードしましたって事なので。

以前持っていた時の印象は、コンプ自体は良いと思うんだけど、おいしい味付け(トランス通って音が音楽的に~みたいなの)があるわけではないし、原音に忠実かと言われるとそれもちょっとって感じ。なんかおいしい方向でない方向に音が曇る印象だったんだよね。
それがモディファイで明瞭で解像度が上がってますって事なんで、試してみる価値はあるかな、と。
まあ現時点で絶対買うとは言い切れないけど、、。

こういう推し方すると勘違いする人も居るかもしんないので、一応言っておくと、味付け部分はそもそも捨ててる機材なので、高級機の味付けと同等の物を期待するのはお角違い。
素直に高級機買う事をオススメします。

原音から色付け無しの類でアナログコンプが欲しいって人なら、有りなんじゃないかな。

売りの1つがスーパーナイスモードってやつで、回路自体は1個なんだけど、デジタル制御で3回回路を通して3段掛け効果を得るという機能。この辺とかはほんとアイデア商品だなぁと素直に頭が下がります。
まあ原音忠実系で正確にコンプレッション、多段掛けも可能ってのが売りって言われると、プラグインでいんじゃね?と思っちゃうかもしれないけど、、。

捨てるとこは捨ててかけるべきところにコストを重点的にかけるってのが適切にできてれば、高級機とまったく同じは無理でも、匹敵する売りを持った物ってのはできるんじゃないかと思います。
無論、安かろう悪かろうって物も多いので、ちゃんと見極める目(耳)も養っていかないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です