アンプシミュレータと実機の比較

ギタリストではないので、1台しか持ってないんだけど、ギターアンプヘッドを持っている。

JetcityのJCA22Hというヘッド。元々Amplitubeと言うギターアンプシミュレータにJetcityが入っていて、甚く気に入って実機が幾らか調べたら爆安だったので購入した。

下に貼ったのは実機とアンプシミュレータの比較。

Amplitubeに入っているのはJCA20HとJCA100Hなので、まったく同一機種という事ではないのが、、。

前半が実機でハウらないギリギリのところまでゲインを稼いだもの、少し音が途切れた後にAmplitube4のJCA100H。20の方は単体だとゲインが低過ぎて比較にならなかったので、100Wの方で同程度までゲインを稼いでみた。

スピーカーシミュレータはまったく同じ物を使用し、ヘッド単体での比較を試みた次第である。

どうでしょ?個人的には、やっぱ実機の方がキメが細かい歪みだなと思います。でも小さいスピーカーとかでさらっと聴いたらわかんないレベルだよね。同じ20W同士じゃ全然比較にならんなと思ったけど、逆に言ったら代用で高出力なの使ったら近いもんできるとこまできてるんじゃんね、と思った。

実機のヘッド、結構でかいし5kgくらいあるし、こんなの何台も置けない。シミュレータはやっぱ強い味方だよね。どんどん進歩していって欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です