2017年の活動について

今年は色々と外向けに出していければと思う。

2015年にUAD-2を導入して一気に制作熱が上がり、2016年に封印していたアナログ機材の再導入を解禁。
去年の夏くらいから、自分が出したい音が出る様になってきたなって実感が有り、外に出しても恥ずかしくないかな、と。

近年はドラマーとしての活動がメインだったので、周囲の認識は殆どドラマーだと思う。
でも、本当はプレイヤーより制作寄りの趣向なんだよね。
2017年はそれを出していけたらと思う。

ちょいちょい制作過程で使用したプラグインや機材の紹介をしたりすると思うので、興味のある方はチェックして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です